読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

路地裏牧場

技術系ブログだったけどごった煮になった謎ブログ

愚痴

本題とは関係ないこと:
チラシの裏に書いとけとよく言うけど、第三者が見れるところに置くということは心理的にだいぶ重要な事なのだ。でも無理に目に入ってくるようなところにおくのはどうかなとは思う。


pixivの百合(GL)漫画を読んで、そこに出てきた言葉に殴られた。具体的にはこの漫画。途中の話なので興味を持ったら最初の話から読むことをおすすめする。

www.pixiv.net

「やればやるほど自分の中の及第点があがって それを乗り越えられない自分が許せなくて なんでこんなことやってるんだろうって」

まさに自分がこれなのだけど、その登場人物のようにかなりの腕を持っているわけでもないし、どうすればいいのか分からなくなった。時折こういう感情に襲われて何も出来なくなって布団に潜る。

一応、「自分の土俵で戦えばいい」というのがあるが、しばらくそれをやっていても自分に納得できなくなってくる。そのうち、自分のアイデンティティーが崩壊して、死ぬ。

特にすごい技術を持っている人を見ていると鬱の度合いは加速する。その環境を作っていた時はそれが単純に好きでそうしたのに、段々だめになってくる。ああ、言語能力が低下してきた。長文を書くのは好きじゃない。Twitterのせいだな。

私は凡人になりたくないという気持ちが非常に強い。ただ社会に溶け込んで、無個性で、無難な趣味しか持たず特に思い入れも持たず、働き、結婚し、退職し、何もすることがないまま老人ホームに入って心身が衰弱して死ぬ。そういう人間には絶対になりたくないのだ。何か一つでも特化した技術を持ち、他人に認められ、「この分野ならこの人だ」と言われるような人になりたい。冷静に考えればまずは人並みのことができるようになってからでも遅くはないと思うのだが、更に冷静に考えると、自分は人並みのことが出来ない。その「ある程度までできたこと」でなんとか自分を保ってきたので、それが嫌でやめてしまうと、自分の立つ場所がなくなってしまう。

つまり誰かが6億円を私にノーリスクでPONとくれれば済む話なんですけど。